自分の歯を残したい!歯医者選びと今日から出来るケア

>

今日からやってみよう!歯を残すためのセルフケア

少しだけ丁寧な歯磨きを心掛けて

今日から自分でケアをすれば、少しでも不要な抜歯や歯が抜けるリスクを防げるかも知れません。それには毎日のケアを少しだけ丁寧にしてみましょう。普段の歯磨きを少しだけ丁寧にやってみる。自分の歯並びに合わせて磨くのも良いでしょう。

歯ブラシにもいくつか種類があり、出来る限り小さめのものを選んで下さい。大きなものだと磨き残しが多くなりやすく、且つ小回りが利かないので奥まで磨けません。小さめタイプや丸型だと奥までしっかりと磨けます。

毛については硬めは汚れを落としやすくなりますが、強く磨きすぎると歯が磨耗するのが難点です。柔らかめは歯に負担が掛からない反面、しっかり磨かないと汚れが落ちにくいです。あまりこだわりが無い場合は普通がベストです。

アイテムを賢く使おう

歯を磨くのは何も歯ブラシだけではありません。オーラルケアアイテムを使えば、磨き残しを減らして自分の歯を守る事が出来ます。特におすすめなのがフロスです。

細い特殊な繊維を歯の隙間に入れて汚れを絡め取るシンプルなものですが、始めて使うと驚くほど汚れが取れます。汚れが取れる事で歯周ポケットや出血を防ぎ、口臭も軽減されます。糸をうまく使えない場合は先に取っ手がついているタイプを利用すると良いです。

液体歯磨きも歯ブラシでは磨きにくい場所の汚れを取ってくれるアイテムです。液体歯磨きは汚れを落とすだけでは無くホワイトニング効果のあるもの。低刺激やお子さんの好む風味になっているものなどバラエティ豊かなラインナップになっています。


TOPへ戻る