自分の歯を残したい!歯医者選びと今日から出来るケア

>

自分の歯を残す為に出来る治療

まずは虫歯・歯周病チェック

自分の歯を守る為に出来る事。それは虫歯や歯周病リスクを下げて、健康な歯・口腔内でいる事です。虫歯は軽度であればほとんど自覚症状が無く、痛みや違和感を覚えるのは中期になってからです。

反面、軽度の虫歯は丁寧なセルフケアで改善するので、常に自分の歯へ意識を向ける必要があります。歯周病に関しては目に見えない細菌なので、歯医者で細菌検査をすると良いでしょう。

そして忘れてはいけないのが食生活です。虫歯(ミュータンス菌)は糖分をエサにして繁殖を繰り返します。甘いものを食べる習慣がある方や、歯磨きの回数が少ない方は注意が必要です。口腔内に違和感を覚えた場合は、すぐに歯医者へ相談するのが自分の歯を残す第一歩です。

定期的にメンテナンスはすべき?

一昔前の歯医者といえば「痛くなったら(気になったら)駆け込む」場所であり、それらが無い時に通院の必要は無いといわれていました。しかし近年の方針としてメンテナンスとして定期的に通う事を勧めています。

虫歯は初期段階であればブラッシングやスケーリングである程度改善します。大きくなる前に治しておけば、自分の歯が脅かされる事もありません。また歯が痛みだす中期になると完治するまでに何度か通わなければなりません。

しかし定期メンテナンスは2~3回通えば終わるので通院のストレスもありません。長い目で見ればメンテナンスに通う方が低コストで済みます。自分の口腔内を把握している歯科医師を常に作っておけば、万が一の場合も安心です。


TOPへ戻る